FC2ブログ
カ メ ラ 男 子 の ノ ン ビ リ 時 間
日々のできごとやお気に入りを写真で伝えています
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Signifiant Signifie(シニフィアン・シニフィエ)@三軒茶屋
2010年 01月 18日 (月) 21:03 | 編集



三軒茶屋駅から徒歩10分と少々歩きますが、
歩いてでも買いに行く価値のあるパンです。


デイリーユースできる価格ではないので、
なにか特別な日に食べたいパンかも。


店内ではワインやチーズと共にパンをいただけるようなので、
今度はランチに行きたいです。


SDSC_3375.jpg SDSC_3378.jpg



世田谷さんぽするのにお世話になってる本です。


この店の他にもおいしそうなパン屋が載っているので、
いろいろ巡るのも楽しそう。



世田谷ライフマガジン 31 (エイムック 1831)世田谷ライフマガジン 31 (エイムック 1831)
(2009/11/26)
不明

商品詳細を見る




Signifiant Signifie(シニフィアン・シニフィエ)
 東京世田谷区下馬2-43-11 1F
 OPEN:11:00-(閉店時間は都合により変動あり)
 定休日:不定休
 Tel:03-3422-0030
 HP:http://www.artandcraft.jp/ss/
    http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13030788/(食べログ)





スポンサーサイト
ル・プチメック東京
2009年 12月 10日 (木) 20:33 | 編集



京都の名店ブランジュリー「ル・プチメック」
今年、東京・新宿に進出してきました。


場所は新宿マルイ本館1F
昼夜問わずひっきりなしに人が行き交う新宿通りに面した一等地です。


新宿にはデパートや駅ビルにビックネームのパン屋が多数あり、
いくら京都では有名で人気店といっても正直どうなのか?


京都の店舗(烏丸御池の2号店)にも行ったことがありますが、
そちらは路地裏にあり、隠れた名店といった趣きで雰囲気もいいです。


新宿のガヤガヤ賑やかな場所でもがんばってほしいです。


写真は、「バナナとチーズのタルト」
タルト生地もバナナの焼き具合も抜群でおいしかったです。



ル・プチメック東京(Le Petit Mec TOKYO)
 東京都新宿区新宿3-30-13新宿マルイ本館1F
 OPEN:11:00-21:00
 定休日:新宿マルイ本館の休業日に準じる
 Tel:03-5269-4831





【リンク】ル・プチメック東京 京都の名店新宿進出(All About記事)

【リンク】カフェ・ブランジュリー ル・プチメック(京都・今出川)



ルセットのパン
2009年 11月 18日 (水) 22:39 | 編集



お取り寄せでしか買えないパン。


ルセットのパンを初めて買いました。


ルセットのホームページから注文して1ヶ月待って
今日やっと届きました。

買ったのは@shokupanというシンプルな食パンです。


1.5斤サイズで2,200円!
食パンでこの値段は正直買うのに躊躇してしまいました。





明日の朝まで待ち切れず、
夜なのに1枚トーストして食べてしまいました。


トーストの焼きあがった香りがたまらない・・・。


一口かじって、、、



おいしい~!!


まわりカリッと、中はモチモチ。
味は地味でそんなに主張しない感じですが、
噛めば噛むほど味わい深い食パンです。


ホテルブレッドのようなバターたっぷりも好きですが、
小麦・水・塩だけで作ったこのような食パンのほうが
飽きないで食べ続けられそうです。
(ルセットのパンは毎日食べ続けるのには高すぎますが・・・。)



SDSC_0770.jpg

SDSC_0765.jpg SDSC_0771.jpg





ルセットのパンの注文はこちらから

  ↓   ↓   ↓
con_head01.gif


ルヴァン信州上田店
2009年 10月 21日 (水) 19:34 | 編集



先日、信州をめぐった時、
ふと思い出して上田まで足を延ばしてきました。



カフェとうつわの旅―あたらしい和のかたちカフェとうつわの旅―あたらしい和のかたち
(2008/07)
川口 葉子

商品詳細を見る



この本で以前から気になってた、
ルヴァン信州上田店のパンを買うために。


東京・渋谷区富ヶ谷にある
天然酵母パンで有名なルヴァンの2号店です。


上田はシェフの故郷だそうで、
300年も続く造り酒屋の隣に、
かつて杜氏たちが暮らしていた古民家を改装してオープンさせました。
店内はなんとも言えず独特の雰囲気です。


SDSC_8570.jpg SDSC_8576.jpg


奥には、蔵を改装して設けられたレストラン「ルヴァン ターヴル」があり、
信州の豆、野菜、自然派ワインを味わえ、天然酵母パンにあう
ヨーロッパの田舎風料理を楽しめます。


この日は、時間が遅かったので飲み物だけいただきました。
自家製ドリンクのラフランスジュースは、
果物のスジが残っているほど果実そのまま。
濃厚でとても美味しかったです。





この界隈は柳町といい、
旧北国街道の道筋で江戸時代は宿場町として賑わっていたそうです。


SDSC_8547.jpg SDSC_8548.jpg


風情ある町並みをぶらぶらしてみました。


SDSC_8554.jpg SDSC_8555.jpg
SDSC_8560.jpg SDSC_8563.jpg
SDSC_8566.jpg SDSC_8567.jpg



ルヴァン信州上田店
 長野県上田市中央4-7-31
 OPEN:7:30-19:00
     ※ルヴァン ターヴルは11:30-17:00
 定休日:水、第3木
 Tel:0268-26-3866





Dans Dix ans(ダン ディ ゾン)@吉祥寺
2009年 06月 15日 (月) 23:31 | 編集
SDSC_5685.jpg


吉祥寺の東急裏エリアにあるとってもおしゃれなパン屋。


Dans Dix ans(ダン ディ ゾン)


吉祥寺を歩いてると、
ここの紙袋を持った人によくすれ違います。


それだけ有名で人気があるパン屋です。


店内は、
パン屋特有の木のぬくもりがあって…っていうのではなく、
コンクリートのクールな印象。

しかも地下にある珍しい店構え。


でも、パンは全て手作り、無添加で素材を生かした基本的なものだからか、
意外なほどリーズナブル。


これじゃリピーターになるわけだ。



SDSC_5695.jpg SDSC_5687.jpg

SDSC_5690.jpg SDSC_5689.jpg SDSC_5686.jpg


左上から時計回りに、

・BL20   :フレッシュバター20%+水で作った食パン
・ブールブール :ダンディゾンバターロール
・ココ     :白ザラメ糖使用の白いんげん豆の粒あん入り
・クルスティヨン:きび砂糖の角砂糖の入ったブリオッシュ
・ピスターシュ :ピスタチオを生地に練り込んだ噛み応えのあるパン



Dans Dix ans(ダン ディ ゾン)
 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-2 B1F
 OPEN:10:00 - 18:00
 定休日:水・第1、3火
 Tel:0422-23-2595





copyright (C) カ メ ラ 男 子 の ノ ン ビ リ 時 間 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。