FC2ブログ
カ メ ラ 男 子 の ノ ン ビ リ 時 間
日々のできごとやお気に入りを写真で伝えています
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州ひとり旅【佐賀・福岡編】
2010年 07月 25日 (日) 22:00 | 編集



昼ごはんは呼子でイカを食べたいと思い、
急いで阿蘇を出発しましたが、呼子に着いたのは午後3時半。。。

もうお腹空き過ぎて、ごはん3杯も食べちゃいました。


このイカ美味しそうでしょ~?

SDSC_6369_20100725180833.jpg

コリコリしててめちゃ美味しかった~。

げそは天ぷらにしてもらいました。
他には塩焼きか煮付けにしてくれるみたいです。



呼子から博多に向かう途中で唐津に立ち寄り、
唐津くんちの曳山を見学してきました。

SDSC_6397_20100725180833.jpg

SDSC_6398.jpg

色使いが鮮やかで迫力も満点でした。

11月の祭本番ではこの曳山が唐津の街を巡行するそうです。




最終日の午前中は、博多の天神から西鉄に乗って30分弱の距離にある
太宰府へ。

福岡に行ったらここは外せないと思い、
時間もあまりなかったんですが行ってきました。

結論、全国の天満宮の総本宮といわれてますが、
思ったよりそんなに広くなく「こんなもんか」って印象でした。

まあ、よっぽど福岡タワーまでわざわざ行くより全然よかったと思いますが…。


太宰府天満宮
SDSC_6459.jpg

SDSC_6427.jpg


隣の光明禅寺の庭園のほうがよっぽど見応えがありました。
他に人はいなかったので、この景色をひとり占めできました。


光明禅寺

SDSC_6437.jpg

SDSC_6454.jpg SDSC_6446.jpg


新幹線までまだ時間があったんで、キャナルシティでも見ておくかと思い、
中洲川端駅から川端の商店街をてくてく歩いて見に行ってきました。

感想としては、神戸のMOSAICをなんばパークスくらい大きくした感じで、
どうしても古さを否めない印象でした。

特にじっくり見るものも、買うものもなく一巡して出てきました。


最後に、キャナルシティ近くにある櫛田神社をお参りし、
山笠に感動して博多駅に向かいました。


櫛田神社
SDSC_6475.jpg

SDSC_6467.jpg

SDSC_6465.jpg


行き当たりばったりで、結局バタバタ旅行となってしまいましたが、
行きたい所、食べたい物は8割方満喫できたんで、
まあ良かったんじゃないかと思います。


今度は、由布院の「山荘 無量塔」に泊まってゆっくりしたいです。

それから、有田焼、伊万里焼、波佐見焼など、焼物をめぐる旅もしてみたいです。





関連記事
スポンサーサイト
九州ひとり旅【熊本編】
2010年 07月 24日 (土) 23:00 | 編集
SDSC_6283.jpg

2010年7月21日撮影 大観峰から中岳方面を望む



1泊目の宿は前々から行ってみたかった黒川温泉へ。
山間のひなびた温泉街という風情でのんびりするにはもってこいの場所です。
「入湯手形」を手に入れれば24軒ある宿のうち、3軒の露天風呂に入ることができます。


黒川温泉
SDSC_6261.jpg SDSC_6256.jpg

SDSC_6269.jpg SDSC_6271.jpg


なんとか宿の夕食時間に間に合って、
贅沢にも部屋食です。

馬刺しじゅんさい天草大王(鶏肉)まで食べることができるとは
思わなかったので大満足でした。

ただ、ひとり旅なので誰としゃべるわけでもなく黙々と食べることとなり、
あっという間に食べ終わっちゃったのが残念でした…。


SDSC_6235.jpg SDSC_6236.jpg SDSC_6237.jpg

SDSC_6238.jpg SDSC_6241.jpg SDSC_6243.jpg

SDSC_6249.jpg



翌朝は、入湯手形で他の旅館の露天風呂に入って黒川温泉を後にし、
阿蘇へドライブ。

山の上なので雲もだいぶ出ていましたが、
この景色と青空の下でのドライブは快適でした。


大観峰
SDSC_6316.jpg

SDSC_6281_20100724133329.jpg SDSC_6307.jpg

SDSC_6312.jpg SDSC_6310.jpg


阿蘇駅までいったん山を下り、
阿蘇パノラマラインを上がり、草千里ヶ浜へ。

その後、阿蘇カルデラの中心である中岳火口で火山活動を間近に見てきました。



草千里ヶ浜~中岳火口
SDSC_6321.jpg SDSC_6332.jpg

SDSC_6349.jpg

SDSC_6363.jpg SDSC_6366.jpg





次回、佐賀・福岡編(最終回)に続きます。



関連記事
九州ひとり旅【大分編】
2010年 07月 24日 (土) 03:16 | 編集



7月20日~22日、早めの夏休みで九州へ行ってきました。

はい、ひとり旅ですよ。





出発当日の朝7時。

京都駅のみどりの窓口で往復のきっぷとレンタカーの手配をして、
いざ出発!

行きの新幹線の中でガイドブックを見ながらルートを選定。
2泊3日で、別府→由布院→黒川温泉→阿蘇→呼子→博多とまわることにしました。

無題


1日目は黒川温泉まで行くことにして、
途中の小倉駅での電車乗り換えの時に電話で宿を予約するなど、
行き当たりばったりでこの先大丈夫かな~なんて思いながら、
気ままなひとり旅を満喫してきました。



まずは大分編。


別府駅に降り立って駅レンタカーに乗りこみ、
まずは昼ごはんをと思い、事前に下調べした関サバ、関アジを
食べさせてくれる和食屋へ。

関サバは高価な上、2人前からしか注文できず断念…。
関アジの刺身をいただくことにしました。

ぷりっぷりで歯応えも抜群で美味しかったですよ。
あ、写真撮るの忘れたし。。。


で、次に向かうは別府名物地獄めぐり。
全部で8つありますが、時間の都合上、海地獄と血の池地獄の2つのみ。


海地獄
SDSC_6160.jpg SDSC_6156.jpg


血の池地獄
SDSC_6165_20100724010434.jpg SDSC_6168.jpg



地獄めぐりもそこそこに、1日目のメインである由布院へ移動。
途中の展望スポットに立ち寄り、由布院の街並みと由布岳を撮影しました。

抜けるような青空と山の緑のコントラストがめちゃくちゃキレイで、
しばらく見入ってました。


SDSC_6192.jpg

SDSC_6202.jpg



山を下って由布院を散策。
まず、何はともあれ金鱗湖へ。


SDSC_6228.jpg



真夏の真っ昼間だったんで、朝霧に包まれた幻想的な姿は見れませんでしたが、
湖底から温泉が湧き出してるんで秋冬の早朝にはその様子が楽しめるようです。


由布院の旅館の御三家と言われる、
亀の井別荘」「由布院玉の湯」「山荘 無量塔」を覗いてきました。

それぞれ旅館にはパブリックスペースがあり、食事やお茶ができたり、
お土産を買うことができます。


亀の井別荘
SDSC_6221.jpg


由布院玉の湯
SDSC_6231.jpg


山荘 無量塔
SDSC_6213.jpg


無量塔ではお茶を。

素晴らしいスピーカーからクラシックが流れ、
重厚な雰囲気の中でまったり寛いできました。


SDSC_6208.jpg



3つの宿を見てきましたが、
今度由布院に来る時は是非「山荘 無量塔」に泊まってみたいと思いました。
1泊5万円~ととんでもない値段ですけど…。
でも、そこに泊まるためにだけに由布院に来る贅沢旅もいいですね。


あんまりのんびりしてると、
夕食の時間までに黒川温泉に到着できなくなるんでそろそろ出発します。





次回、熊本編(黒川温泉、阿蘇)に続きます。



関連記事
copyright (C) カ メ ラ 男 子 の ノ ン ビ リ 時 間 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。